everywhere*

everyr134.exblog.jp
お花時々ハンドメイド。女の子と男の子育児をしながら、ナチュラル・シンプルな暮らしをめざす毎日。
by every_where
プロフィールを見る
Top
保険のこと
2013年 03月 04日 |
e0139462_10332523.jpg

昨日に続いて、家計のおはなし。

ちび太さんが生まれて早々に手術することになり、きのこさんの時にはあまり考えなかった医療保険や学資保険について、考えるようになりました。
それを同居人に相談したところ、もっとしっかり調べてから話をしろと・・・。
そっちが知ってるなら教えてくれたらいいのに!と言ってみましたが無駄なので、色々と自分で調べてみました(笑)

医療保険についてはちび太さんは最近手術をしたので、術後1年間は加入できそうにないことがわかったので、ひとまずおいといて。
学資保険は、「○年経ったら○万円も多くもらえる!」という程度の認識しかなかった私;
じゃあ企業は、どうやって儲けているのか?と。
まず学資保険とは、将来の学資に不安がないように、資産運用することなんですよね。
だから一括で保険金が払えてしまうような場合は、あまり無意味。
保険の利率は年で計算し直すと国債より低く、しかもインフレになった場合のことを考えてないからですって。
だったら普通に貯金しとくか、資産運用という点でみるなら、もっと利率のいい、それこそ国債に投資する方がいいという結論に至りました。

尚且つ、大抵の保険は18年後や20年後など、長く預ければ預けるほど利率が良くなり、途中解約すると元本割れをして損をすることも。
途中解約で損をするリスクが低い商品は、当然ですが利率が悪い。
もしもの時に手元に戻せないお金なら預けない方がいいし、もし「そのお金は余剰分だから、なくても困らないように他に貯金」があるなら、上記のようにもっと利率良く運用した方がいいかなと思いました。
あくまでも、個人的な私の意見ですが。
ちなみに、同じ預金でも積立の方が若干利率がいいので、子どもたちの分だけ積立にしようかと同居人に提案してみました。しかし不景気のこのご時世、あまりメリットもないし、もしもの時に年間2000円のために動かせないと困るから…という理由で却下;
私としてはたとえ年に2000円でも、収入になるならそうしたいところなんですけどね;

ようするに、日々家計簿をしっかりつけ、将来に向けて貯蓄をしなければいけないということですね;
今回色々と調べる中で、キャッシュフロート表というものを知りました。
これを近々、書き出してみたいと思います~。


ランキングに参加しています♪ポチっと押してもらえると嬉しいです*→にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村
[PR]
by every_where | 2013-03-04 10:33 | house |
<< 人工芝生を使って春のインテリア PageTop 家計簿と家計のこと >>
Lace Line Skin by Sun&Moon